お布施の「表書き・中袋・裏書き」、御車代、御膳料の書き方を紹介!

葬儀や法事の際にはさまざまな種類のお金が必要となりますが、その中でもお坊さんにお渡しするお金がお布施と呼ばれるものです。
たしかに葬儀や法事ではお坊さんに読経していただいたり、戒名をつけていただいたりするため、それに対してお布施をお渡しするシーンを見たり聞いたりするシーンは多いでしょう。

ただお布施について、言葉自体を耳にしたり見たりしたことがあっても、具体的にどのようなものなのかがよくわからない方は非常に多いでしょう。
葬儀や法事は人生の中で何度か経験するため、お布施についていろいろと知っておくことはとても大切といえます。

  • お布施とはいったいどのようなものなのか?
  • お布施の金額相場は実際にいくらくらいなのか?
  • お布施の包み方とは?
  • お布施の書き方に関する作法とは?
  • お布施の渡し方とは?

葬儀や法事などがありお布施の準備が必要な方や、お布施について気になるという方にとって、いろいろな場面で役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

お布施の書き方

お布施をお渡しする際には、封筒等に書く「表書き」にも気を配りましょう。

数字の書き方などに細かい注意点があるので気をつけてください。 

お布施の表書きの書き方

基本的に表書きは、どの種類のお布施袋であっても袋の中央上部に「お布施」「御布施」「御礼」などと書きます。

すでに印字してあるものはそのままで大丈夫です。

表書きを書いたら、その下に包んだ方の名前を書きます。

喪主のフルネームか、「◎◎家」のような形で書くのが一般的です。 

ちなみに表書きは、薄墨ではなく普通の濃い墨を使用して書きましょう。

親族への香典は「突然のことで薄い墨しか用意できなかった」という意味を込めて薄墨で表書きを書きますが、お布施に関しては感謝の気持ちを表すものなので、濃い墨で問題ありません。

市販の筆ペンで大丈夫です。

御布施

お布施の中袋の書き方

お布施には中袋のあるものとないものがあると思います。

中袋がある場合には中袋に金額・名前・住所を書き、外袋の裏面には何も書きません。

まず、中袋の表面の中央に縦書き、漢数字の旧字体で「金〇〇圓也」と金額を書きます。

旧字体に関しては下記の表をご参考にしてください。

そして、中袋の裏面の左側に住所と名前を書きます

漢数字旧字
中袋の書き方

お布施の裏書きの書き方

お布施の裏書きは中袋がなかった場合に書くものです。

書く内容としては、中袋と同様で「金額・名前・住所」を書きます。

金額はもちろん旧字体なので注意しましょう。

お札の入れ方

新札を使用する

お布施のお札の入れ方として、できるだけ新札を用意しておきましょう。

お布施は、お坊さんへの謝礼として渡すためにあらかじめ準備しておくもののため、新札の方が適しています。
もし旧札しかなかった場合は、なるべく綺麗なお札を選ぶようにしましょう。

反対に、お葬式で持って行く香典の場合は、旧札か折り目を入れた新札を持って行きます。
これは新札を準備して不幸を待っていたと思われないように、ということからきた慣習です。

お札を入れるときは、肖像画が書かれている面を上に向け、袋の入り口に肖像画が来るようにします。

2枚以上入れる場合はきちんとこの向きを揃えましょう。

お布施のお金の入れ方

お布施に入れるお金の向きや入れ方は慶事の入れ方となります。通夜葬儀や法事法要の時に使うものなのでちょっと意外かもしれませんが、お寺にとっての不幸があったわけではないからと覚えると覚えやすいでしょう。

お札は顔のある方(表側)が表面に来るように入れます。中袋があるタイプも見本画像と同様の向きに入れて下さい。

お布施の入れ方1

お布施を渡すタイミングと渡し方

お布施は基本的に儀式が始まる前、あるいは終わった後にお渡しします。

ただ、儀式が始まる前だと喪主側が参列者対応などに追われている可能性もあるので、儀式終了後の方が、余裕があって良いのかもしれません。

寺院以外で儀式を行う場合に開始前にお渡ししてしまうと、儀式が終わるまでは僧侶自身がお布施を持っておくことになり、手間になります。

そのため事前に僧侶に渡す場合、タイミングを確認しておくといいでしょう。

僧侶が会食にも参加する場合は、会食の最中にタイミングを見計らってお渡ししてもいいですね。

お布施はお渡しする時にもマナーがあります。

お渡しするまではお布施を袱紗に包んでバッグなどに入れておき、お渡しするときになったら袱紗からお布施を取り出しましょう。

袱紗に入れたまま渡さないように注意してください。 

袱紗から取り出したお布施はそのまま手渡しはしません。

「切手盆」というお盆に乗せることが多いです。これは葬儀社が準備を行うことが多いです。

奉書紙や封筒の文字が僧侶から正しい方向で見えるように、両手で差し出しましょう。

お盆がない場合は、袱紗の上にお布施を乗せて差し出せば問題ありません。

お布施の渡し方1
お布施の渡し方2

葬儀でお布施を渡す際の挨拶の例

  • 「この度の葬儀につきまして、どうぞ宜しくお願い致します」
  • 「昨日、本日と、ありがとうございました」
  • 「先日の葬儀はありがとうございました」 など

御車代

御車代

葬儀・葬式のために出向いていただいた場合は、お布施とは別に御車代を包みます。
※御車代と御膳料を並べて記載して1つにまとめても問題はありません。

御膳料

御膳料

都合によりお坊さんや神職がお食事の席に付けない場合は、お布施とは別に御膳料を包みます。
※神式・キリスト教式の場合は「御食事料」と書きます。
※御車代と御膳料を並べて記載して1つにまとめても問題はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました